_

ironhomes designの重量鉄骨構造

ironhomes designの重量鉄骨構造

重量鉄骨の住まいのメリットは、丈夫で長持ちすることです。
重量鉄骨とは、厚さ6ミリ以上の厚い鋼材を使用します。
構造上、柱が少なくても強度がとれますので、軽量鉄骨造や木造の家よりも、間取りの自由度が高く、理想の家づくりがしやすいというメリットがあります。

重量鉄骨構造

Value.01 自由な空間設計
木造のように細かく柱を設置する必要がないため、大空間のリビング等の大きな空間を作ることが出来ます。
また、間口が大きく取れるため、ゆったり停められるガレージやアトリエや店舗などにも構造に制限されない自由度の高い空間が作れます。
Value.02 遮音性
木造住宅では2階での足音などが1階で響くことがありますが、重量鉄骨では2階の床をコンクリートで作ります。
だから遮音性はかなりたかく2世帯住宅等のプライバシーを重視する場合にも優れた構造です。
Value.03 地震に強い
重量は軽量鉄骨と違い厚さ6_以上の厚い鋼材を使用します。
また、木造在来工法と違い、構造計算もされていますのでご安心ください。
また、木造との近いは害虫被害の心配もありませんので将来的な劣化の心配も少ないのです。
Value.04 コスト
重量鉄骨構造住宅で、火災保険に加入すると、今までの保険料の半額以下になります。
当然、地震保険にも入れば、構造計算により安全が確保されておりますので、保険料は3分の1以下です。
また、法定耐用年数も重量鉄骨は34年、木造は22年ですので耐久性の違いも大きいです。

中身は暮らしに合わせて変化する

家族は日々成長していく。夫婦二人から子供が生まれ、また子供も成長して家を出ていく。その子供が夫婦となって子供を授かり、新たに家族が生まれる。
家族が変化すれば、暮らす家も家族の変化に合わせて変化できる。そんな変化に合わせる家であることが永く使える家となり、家の長寿命化につながっていきます。
重量鉄骨構造は耐震となる構造体は鉄骨の部分となり、内壁の位置を移動したり、壁をとっぱらって、大きなワンルームにしても構造体には影響なく、暮らしに合わせて中身を編集することができるのです。

中身は暮らしに合わせて変化する